グレーゾーン金利 過払い金

MENU

白か黒か分からない…

グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは、2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利のことを言います。

 

「利息制限法」という法律では、利率の上限が決められており、借り入れ金に応じて年利15〜20%が上限となっているんです。(10万円未満の場合には年20パーセント・10万円を超え100万円未満の場合には年18パーセント・100万円以上の場合には年15パーセント)

 

借主も貸主も納得したうえで設定していたとしても、この上限を超えた金利は無効となります。無効となった部分は元本に充当され,計算上元本が完済となった以降に超過利息を支払えば,それは過払金として返還を請求できるようになります。

 

利息については、「出資法」という法律でも上限の設定が存在します。貸金業者の貸付金に対する利息は、利率が年29.2%を超えると刑事罰が科されるようになっています。

 

そして、この2つの法律の中間の部分は、民事上であれば原則無効となっていますが、刑事罰の対象とならないということで、「グレーゾーン金利」と呼ばれるようになったんです。

 

つまりは、利息制限法に違反する違法な利率なのに、出資法に違反しないがために、何らの処罰も受けない利率というものが存在したという事になるんです。

 

 

処罰を受けない

上記の説明を見て頂けたら分かるように、グレーゾーン金利は処罰を受ける事がありません。ただ、民事上ではペナルティを受けるようになります。

 

しかし、このペナルティを全く無意味にしてしまう制度が出来てしまったのです。それが、貸金業規制法における「みなし弁済」といった制度です。

 

みなし弁済=貸金業規制法に定める要件を満たした場合には,例え利息制限法に違反する利率の利息の支払いであっても,有効な弁済としてみなすという制度

 

すなわち、貸金業者は,利息制限法に違反しても,刑罰を受けることもなければ,元本充当や過払金返還にすら応じることもなくなり,何の躊躇もなく,利息制限法違反のグレーゾーン金利を受け取る事が可能となっていたんです。

 

 

過払い金請求

平成18年に、みなし弁済を撤廃する旨の貸金業規制法の改正が始まりました。同時に,グレーゾーン金利撤廃に向けての法律改正も行われるようになりました。結果的に、今では出資法の上限金利が20%にまで引き下がり、昔のようにグレーゾーン金利の請求をされるような事がなくなりました。

 

また、以前多めに利息分を支払っていた方は、支払いすぎたお金を返してもらえる「過払い金請求」する事が可能となったのです。すなわち、過払い金請求する事により、支払いすぎていたお金が戻ってくるようになります。

 

2010年(約5年前)までに借りていた方は、過払い請求出来る可能性大です。ちょっと払いすぎてるかも?と感じている方は調べてみるといいでしょう。

 

 

最近の金融状況

今現在は、先ほども説明したように、グレーゾーン金利は廃止されています。なので、銀行や消費者金融のカードローンなどでお金を借りたとしても法外な金利を請求される事はありません。

 

もし、20%以上の金利を請求されたら違法という事になるので、その場合は警察などに相談するといいですよ。

 

安全にお金を借りるなら、こちらから利用してみるといいですよ。≪借りれる金融